首と肩に良いものを|冷えは女性の大敵【低体温体質を改善する方法】

冷えは女性の大敵【低体温体質を改善する方法】

首と肩に良いものを

ベッド

立っているときと同じ姿勢

人が寝ている時間というのは、一日のうちの3分の1ほどを使っています。寝ているときに使用する枕により、この貴重な時間の姿勢が左右されることをご存知でしょうか。立っている時の姿勢が大切なのと同じくらいに、寝ている時の姿勢も正すことで、内臓の位置、骨盤の位置に影響するものです。理想の枕とは、立っている時のようにまっすぐに、首と肩に負担の少ないもの、ということになります。しかし、頭の重さ、首の太さ細さ、肩幅、背中の丸まり具合、どれをとっても千差万別です。しかし、市販の枕というのはある程度形が決まっており、本当に合う理想の枕を追及しようとすると、なかなかそうはいかないというのが現状です。オーダーメイドは価格が高いものが多いので、できれば安価に良い枕に出会いたいものです。

タオルを使うのも手

市販の枕でなかなかしっくりこない場合、バスタオルを丸めたものとたたんだバスタオルを組み合わせたものを枕にするのも手です。すぐに洗濯機で洗えて清潔でもあります。しかし、やはり市販のもので理想の枕を手軽に見つけたい、という場合は、できれば寝具コーナーにあるベッドの上で寝転んで試してみましょう。頭が沈みすぎないか、寝返りはしやすいか、首の負担はどうか、といった点がクリアできるものを購入しましょう。一晩寝てみると、合うかどうかが判断できますので、不安があったら安価なものを購入すると良いでしょう。高い枕で失敗を重ねてきた方も、意外に安価な枕がしっくりきたということもあります。宣伝文句に惑わされることなく、試してみることは理想の枕を探す上でとても大切です。