体を温める健康活動とは|冷えは女性の大敵【低体温体質を改善する方法】

冷えは女性の大敵【低体温体質を改善する方法】

体を温める健康活動とは

カップを持つ人

温めを意識した生活習慣

温活とは温めることを意識的・日常的に行うことで、冷え性改善のために行う女性が多いとされます。女性にとって冷えは大敵で、昔から女性は体を冷やしてはいけないといわれています。その理由は子宮にあり、子宮が冷えると女性ホルモンの分泌量が乱れて心身に良くない影響を及ぼすからです。温活をすることで子宮が冷えなくなるので、月経痛・月経前後の不調・不妊症の改善に役立つとされます。血流も良くなるので、頭痛や冷え症といった不調改善につながります。温活は心身状態を安定させたり不調改善に役立つので、女性は行った方が良いとされます。近年は男性の冷え症も増えているので、温活は男性にもおすすめです。温める方法はお風呂や湯たんぽなど外側からの方法もありますが、効果的なのは白湯を飲んだり体を温める食材を食べる内側からの方法です。日頃から温かい飲食物を摂取するだけで、冷え性が改善されることもあります。

温める方法に気を付けよう

注意したのは、温める方法です。外部からの温めは一時的なことが多く、体質改善に至ることは難しいとされます。しかし湯船に浸かることや湯たんぽなどで温めることが良くないことではなく、シャワーで済ませたり寒さに対して何もしないよりした方が良いです。外側から温めることも大事ですが、温活でメインになるのは飲食物による体内からの温めです。基本的に冷たい飲み物は厳禁で、温かい飲み物を飲みます。普段は白湯、食事の時は温かいスープや汁物を選択する方が多いです。食べ物では大根やカボチャなどが体を温める食材ですが、カボチャは糖質が高いので食べ過ぎないよう注意が必要です。大根は冷たい調理方法も存在しますが、温活の際は煮物やおでんなどにして温めて食べると良いです。また、温活サプリメントも最近では発売されているので、日常生活にプラスするのも良いでしょう。